Q&A

電源

BB

Q PD2 、CC-ST-1024、BB、PTU2、PSB-EX、PJシリーズの応答特性(ONの信號が入った後のON が入るまでの速度の遅れ)

A

出力電力は、1chと2chの合計で、Max 28Wとなります。
(1ch當たりも28W)

QA番號11-0100

QA番號11-0100

Q BBシリーズのインターフェースユニットにて、入力でON/OFFすると。

A

2秒未満での電源再投入は保証できません。
ON/OFFは制御端子から行ってください。

QA番號11-0076

Q BBシリーズのマスタ?1臺とスレーブ7臺以下にインターフェースは 2臺使用できるか。

A

使用できません。
接続した2臺目のインターフェースからは8臺以下(マスター1臺とスレーブ7臺以下)の電源を制御できません。
スレーブインターフェース1臺に付き1ch?8chまで
割り當てられるので、インターフェースの2臺目を使用しても
9臺目をユニットする必要があります。

QA番號11-0075

Q BBシリーズの端子臺でのON/OFF時の発光遅延。

A

STUモードと同じ(3us)となります。

QA番號11-0074

Q BBシリーズのインターフェイスユニットから、2チャネルを外部制御で調光書き換えを行った場合に必要な時間は。

A

調光設定を書込み(WR)信號の後、調光反映まではmax30ms必要(取説記載部分)
2チャネル目については、上記max30ms內は信號を受け付けないため、2チャネル目の信號は最初のWR信號からmax30ms以上とにしか受け付けません。
よって、2チャネルの信號を調光完了する場合は最低(30ms+α)×2=60ms必要となります。
調光反映までの最大は37msecになります。

QA番號11-0073

Q BBシリーズにて、"b error"が発生する要因は。

A

最悪狀態は、電源を入れたまま、マスター、スレーブの接続を外すことを繰り返した場合です。
この場合は、通信部分が破損していますので、マスター、スレーブとも交換が必要と思われます。
各営業所へお問い合わせください。

QA番號11-0072

Q BBシリーズにて、"b error"が発生した場合の対処方法は。

A

  1. ハードリセットを行う
  2. 復帰コマンドを行う
  3. IDが重複していないかID設定スイッチの確認
  4. 終端ユニットの確認

上記の4つを実施しても復帰しない場合は1臺ずつにした後、どのユニットが原因か調べてください。
原因のユニットが分かりましたら、各営業所へお問い合わせください。

QA番號11-0071

Q BBシリーズのマスターはPWMタイプ使用時に、インターフェイスユニットから外部調光する際に、調光がほとんど変わらない。

A

トリガー発光させる際に、外部から制御できるのはPWMのデューティーだけで、発光幅は調光できない。発光幅を設定する為には、パネルで設定し、コピーコマンドを実行する必要がある。
設定しない場合は初期値の0.1msが読みこまれる。

QA番號11-0068

Q BBシリーズインターフェースユニットを使用時、外部ON/OFFの信號を入れても、ON/OFFしない。

A

マスターおよびスレーブユニットのオプションで、インターフェースユニットのON/OFFを有効にしてください。
(初期値は端子臺が有効になっているため)

QA番號11-0067

Q PTU2シリーズを使っているが、BBシリーズに置き換える場合どうなるのか。

A

利用チャネル分のユニットと外部制御を用いている場合には、別途インターフェイスユニットが必要です。

QA番號11-0066

Q BBシリーズ使用時、ストロボ発光タイミングの確認方法は。

A

発光タイミングの確認は、外部よりタイミング信號を入れないとわかりません。
ただ、発光幅の確認は、內部発光モードにて確認が可能です。

QA番號11-0065

Q BBシリーズ使用時、外部調光のデーターを書き込んだ後、電源を落とし インターフェースユニットを外しても良いか。

A

I/Fユニットから設定された設定値は、各電源にて保存されています。
しかし、EXTモードへの変更はI/Fユニットからしか行えないた、保存されている設定値による発光は、I/Fユニットが必要です。

QA番號11-0064

Q BBシリーズにて、30Wを超える照明の場合の接続方法は。

A

1コネクタに30W以上の照明を接続することはできません。

QA番號11-0063

Q BBシリーズでの付屬ケーブルの長さを伸ばした特注は可能か。または付屬ケーブルをロボットケーブルにしたい可能か。

A

長さ、ケーブル変更の特注は場合により可能です。弊社営業までご相談ください。

QA番號11-0062

Q BBシリーズにて、汚れた時の清掃方法は。

A

揮発性油分での清掃は、禁止されています。
清掃には、工業用アルコールをご使用ください。

QA番號11-0061

Q BBシリーズの設計壽命はどれ位ですか。

A

4年です。(コンデンサの想定壽命)

QA番號11-0060

Q BBシリーズ使用時、ファンケーブルの接続方法を教えて下さい。

A

ファン用コネクタは用意しておりません。
別途ファン駆動用電源のご用意をお願いします。

QA番號11-0059

Q BBシリーズストロボタイプにてトリガー受付無効時間が17倍とPTU2より長いが、この記載は正しいのか。

A

正しいです。
BB電源では、発光幅を1とすると、16 トリガー受付無効時間があります。
PTU2では、発光幅を1とすると、14.2 トリガー受付無効時間があります。

QA番號11-0058

Q ILA-2000,4000を使用している.BBシリーズでも使用できるか。

A

ILAシリーズは使用できません。

QA番號11-0056

Q BBシリーズPWMタイプにて、接続照明を30W以上接続しても點燈しているが,保護回路はどのくらいから動作するのか。

A

仕様では定格の110%にて、保護回路が働く様になっています。
また、30W照明の中にも30Wに満たない照明も存在しています。(切り上げられています)

QA番號11-0055

Q BBシリーズ使用時、明側出力6ピンコネクタで,2,3ピンには接続しないとあるが,付屬の変換ケーブルは,接続されているが,問題ないか。

A

付屬変換ケーブルにて、空きピンまで接続されているのは、強度的な観點から、接続を行っています。
空きピンには、何も接続されていないため、問題ありません。

QA番號11-0054

Q BBシリーズPWMタイプにてフォトカプラタイプ使用時に,各OFF-側を共通GNDにしてもよいか。

A

共通GNDでも問題ありませんが、ノイズ対策の観點から-側は各端子獨立とすることをお奨めします。

QA番號11-0051

Q BBシリーズPWMタイプ使用時に、電源を立ち上げても発光しない。

A

調光のデフォルトが0のため、消燈してます。
調光を変更すると照明が點燈します。

QA番號11-0049

Q BBシリーズ使用時、Err6の電圧低下エラーは入力電圧が何V以下に なったときに表示されるのか。

A

Err6が発生する電圧は、入力電圧が16V前後にて発生します。
Err6発生時は、消燈動作を行います。

QA番號11-0048

Q BBシリーズ使用時、Err1が表記される條件と 出た場合の電源の動作はどうなるか。

A

Err1は地絡となっていますが、前面端子など、お客様に開放されている、端子、信號線では発生しません。
たとえば、金屬製の部品などが筐體內に入ってしまった場合等に発生します。
Err1が発生した場合は、自動的に消燈します。復帰は、問題解決後、初期化手順に従って、
キー操作を行うと復帰できます。(初期化処理にて、再度同じ問題が発生した場合は、
また、自動的に消燈し、エラーとなります)

QA番號11-0047

Q BBシリーズ使用時、主電源が入っている狀態でIDを変えると どうなるか。

A

動作中にID変更を行うと、以降正常動作を保証できません。
動作中はIDを変更しないでください。

QA番號11-0046

Q BBシリーズ使用時、ALLでのアップダウンの考え方は。

A

たとえば1ch(200)、2ch(50)とした場合は、100%UPにすると、1ch(255)、2ch(100)となります。
(內部では、1chは400ということになってます。)
そこから10%ダウンさせると、はじめは1ch(255)、2ch(90)になり、そこから90%ダウンさせると、1ch(200)、2ch(50)となります。
ALLの場合の各チャネルの調光値は以下の通りに設定されます。
チャネル「y」を任意のチャネルとすると、チャネル「y」の調光値は、
チャネル「y」調光値 = 「y」調光値 + 「y」調光値×「パーセント値」で算出できます。

QA番號11-0044

Q BBシリーズ使用時、端子臺部分の入力耐圧は。

A

26.4V、フォトカプラで絶縁。

QA番號11-0043

Q インターフェースユニット BB-CPP-S とを使用することによって, PLCからパラレルI/Oで調光とON/OFFの制御をすることは可能か。

A

基本的には可能です。
但し、応答速度が1チャネル目は37msec, nチャネル目は37+(24×(n-1))msecを要する為、端子臺からの制御を推奨いたします。

QA番號11-0038